高齢者の増加は世界中で問題になっている

高齢者の増加は、日本だけでなく世界中での問題点となっています。
高齢者がすべてが元気でいれば問題は少ないのですが、病気や怪我、さらには老衰などで介護が必要となってしまうことが大問題なのです。
現存する老人施設はすでに高齢者でいっぱいの状態で、入居したくてもできない人で溢れています。
また、看護師や介護士の絶対的な不足も否めません。
このように、高齢者社会はさまざまな問題を生み出しています。
今や「元気で長生き」が諸手を挙げて受け入れられる社会ではなくなっているのです。

介護は社会的問題

そんな中、高齢者の認知症患者の増加も深刻な問題です。
認知症に対するケアは一般的な高齢者に対するそれとは異なり、よりデリケートな対応が求められます。
そして近年問題を引き起こしているものに「老々介護」があります。
これは平均寿命が延びたことで親の面倒を見る子供も高齢者となり、つまりは老人が老人の介護をしなければならなくなっている状況をいいます。
このように、介護は個人だけではなく社会的な問題となっているのです。