非常にハードな仕事と言われる介護職は辛いですか

介護の現場は厳しく、その仕事内容は非常にハードです。
そのために長期間に亘って従事する人は多くはなく、仕事に就いてもすぐに辞めてしまう人も少なくありません。
一時期リストラなどで職を失った人たちが介護職なら募集が多いとばかりに求人に殺到したけれども、その仕事のきつさにすぐに逃げ出したケースが多く社会的な問題となった時期がありました。

介護に対する人々の思い

もちろん介護職をお金を儲ける手段と考えて従事している人もいます。
しかし、お金だけが目的で働くのではなかなかモチベーションを保つのは難しいのが実情でしょう。
数ある仕事のひとつといった認識では、介護職を続けていくことは並大抵なことではありません。
人々が介護に求めるものは「仕事のひとつ」という認識ではなく、もっと人と人のつながりなのです。
就労する人とそのサービスを受ける人との認識の違いが大きいのは、介護職における問題の一つでもあるといえるでしょう。