介護施設運営が年々変化しつつある

高齢化が進むに伴い、介護職を求めている職場は増加の傾向にあります。
これまで病気だけを診ていた病院でも、事業の一環として介護施設の運営を始めているところもたくさんあります。
介護施設にはさまざまな種類があり、入居者のタイプや要介護度などによって分類されています。
たとえば、介護サービスを受けられる住宅タイプの施設が「サービス付き高齢者向け住宅」です。
また、認知症を発症した人たちが共同生活をする施設を「グループホーム」といいます。
他にも障害を持った人たちだけで暮らす施設もあります。

多くの課題が残るが…

高齢者でも介護や見守りの必要のない人たちだけが入居する健康型の施設やマンションタイプの施設などもあります。
老人ホームだけでも、軽費老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、養護老人ホームなどの種類があります。
現在こういった介護施設に入居している人の数と同じくらいの高齢者が入居できずに待機しているとされており、国や自治体としての早急な対策が求められている現実があります。