介護は分担作業することでサポートが成り立つ

「介護職」といわれる職業の中には、その仕事の内容によっていくつかの職種に分類されます。
特に高齢者が利用する介護施設にはさまざまな介護職従事者が存在し、それぞれの役割を分担して仕事を行なっています。
まず、一般的に「介護職」と呼ばれているのは「介護福祉士」を指します。
主な仕事は、介護を必要とする人の生活のサポート全般です。

それぞれが協力し合う

その他にも、怪我や病気などの体調管理やケアを行なうために「看護師」がいます。
またリハビリを行なうために作業療法士や理学療法士が在中している介護施設もあります。
さらに、体調を管理して健康的な食事を提供するために「栄養士」の存在も重要な役割を果たします。
加えて「社会福祉士」がいれば、介護のサポートを受ける側がより良い社会生活が送れるようにさまざまな面から支援やアドバイスを受けることができるので安心です。
介護職といってもこのようにさまざまな職種が存在し、それぞれが協力し合うことで介護が成り立っていくのです。